日本伝統再築士会は、伝統再築士有資格者の所属する団体であり、一般社団法人全国古民家再生協会と連携して一般社団法人として平成29年2月に発足し47都道府県にその支部を設置します。 その拡大と推進、再築基準に則った古民家の再築提案をおこない、日本の住文化の再興・古民家の再築推進を目指すとともに、伝統再築士の職能を生かし、 社会貢献を進めるため他団体と連携を図り、地域に密着し住民と一体となった主体的な地域貢献活動を行っています。

日本伝統再築士会の沿革

日本伝統再築士会の沿革は、平成25年に再築基準検討委員会の答申に基づいて策定された再築ガイドラインに基づき、次世代に引き継ぎたい文化的価値の高い伝統的な木造建造物を残す為の専門の知識を有するものを育成することを目的とした資格制度(伝統再築士)を一般社団法人住まい教育推進協会が創設し、一般社団法人全国古民家再生協会と連携図り展開して参りました。
今後、より日本の伝統的な家屋(古民家)を後世へ受け継ぐことを目指し活動しております。

業務内容

再築基準検討委員会(委員長 大橋好光 東京都市大学工学部建築学科教授)の再築ガイドラインに基づき、築50年以上を経過した木造軸組構法の建造物を現地で模様替え並びに現地で過半の主要構造部の修繕、模様替えを行う際に建築基準法に定められた耐震性能を検証するための計算方法によらない文化庁の簡易耐震診断法を利用し、伝統構法住宅の簡易耐震診断をおこない、木造軸組構法が持つ復元力を高める方法で独自の建物性能を情報開示して改修に関する方向性を示し、改修を提案し施工を行うこと。

再築検討員会は3カ年されています。
平成25年3月~平成26年3月 耐震基準
委員長 大橋好光 東京都市大学工学部建築学科教授
委 員 野溝智彦 東京理科大学工学部建築学科非常勤講師その他委員7名

平成26年5月~平成27年2月 断熱基準
委員長 藤木武人 一般社団法人古民家再生協会宮城
委 員 土屋喬雄 東洋大学名誉教授その他委員9名

平成27年7月~平成28年2月 維持管理・劣化対策基準
委員長 杉本龍一 一般社団法人古民家再生協会東京
委 員 中島正夫 関東学院大学建築環境学部教授
その他委員8名